ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
Top / 研究テーマ / 運用状況可視化技術

分散システム研究室

運用状況可視化技術

  • サーバ仮想化により、システムが複雑・大規模化が進んできているため、状況把握が困難となってきている。
    • 一つの解決策が、適切な可視化、である。
  • 現在は、VR や AR 技術の適用を目指す研究をしています。

2019年度研究室発表

  • 山岡: 管理用パケットに基づくSOMを用いた増分処理が可能なネットワーク接続機器のグルーピング可視化システム, IPSJ IOT46.
  • 山岡: 管理用パケットに基づくネットワーク接続機器のグルーピング可視化システム, 修論.
  • 吉村: システム稼働状況と設定変更履歴の重畳表示を用いた障害分析支援システムの実評価, 修論.
  • 播野: Zabbixと連携したネットワーク機器監視情報のAR重畳表示システムの提案, 卒論.

2018年度研究室発表

  • 小川: ネットワーク機器取扱い支援のためのAR技術による部位認識と説明提示の検討, 卒論.

2017年度研究室発表

  • 山形: フローエントリの統計情報に着目したOpenFlow?の可視化手法の提案と試作, 卒論.
  • 山岡: 端末種別の推定方式の評価を目的とした複数分析手法の可視化システム,卒論.
  • 吉村: 機器の監視情報と変更履歴のアノテーション表示を組み合わせた運用支援手法の提案, 卒論.

2016年度研究室発表

  • 高橋: 複数のカメラによる広域撮影映像を用いたサーバラック群の遠隔監視支援システムの試作, 卒論.
  • 山岡: 拡張現実による利用者の業務内容に応じたネットワーク機器情報提示システムの提案, 卒論.

2015年度研究室発表

  • 田原: 小型端末を用いた組織内無線アクセスポイントサーベイシステムの実現, 修論
  • 出羽: Zabbixへの組込みを想定したRによる監視情報の統計解析機能の試作,卒論

2014年度研究室発表

  • 宮座,桝田: 監視項目の時系列類似度に基づく障害把握を支援するシステムの検討, IPSJ IOT27.
  • 田原,桝田: 既知APの信号強度と位置情報を利用した組織内における未知AP探索システムの提案と評価, IPSJ IOT28.
  • 宮座: 監視項目間の時系列類似度を用いた大規模仮想化システムに対する障害分析支援手法の提案, 修論.

2013年度研究室発表

  • 田原: 既知APの信号強度と位置情報を利用したリアルタイム検知を目指す未知AP探索システムの試作と評価, 修論.

2012年度研究室発表

  • 宮座: 重ね合わせグラフによる項目間の関連性把握を支援するシステムの試作, 卒論.

2011年度研究室発表

  • 伊藤: ネットワーク機器の状態履歴を用いた端末接続の状況変化検知システムの構築とその評価, 修論.

2009年度研究室発表

  • 伊藤: SNMPを用いた時系列参照可能なMACアドレスデータベースシステムの構築とその評価, 卒論.
  • 東家: 既知APの位置と信号強度を利用した未知AP探索システムの試作とその評価, 卒論.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 35, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Thu, 11 Jun 2020 14:22:00 JST (57d)